☆☆ お知らせ ☆☆
  当ブログでは顔・ナンバーはモザりますが、画像及び文章に問題ありましたらお教えください。
  『コメントを承認制にして、承認するまで非公開にする』は有効ですよ と、

以東見回り林ツー

本日は久しく行ってなかった以東へ
先日の台風の影響がどう? かだ。
今日行こうか、行かまいか迷ってた挙句
12時ちょうどに出発する。


フラットな林道を進む。
工事中の看板で引き返す。
この先、そこそこ長いダートなんだけどピストン林道だから

川沿いの細い舗装路を進んで次の林道へ向かう。
この辺りだったと思うけど、人の手が長い事 はいらなくて荒れている
多分、別荘として立てられた建物があるんだけど、
その近く通る時、ゾワーってする。
写真は怖くて撮れない。


4/22に通過した林道
まぁ、ここも枝々々々々。
土の上じゃなく枝や落ち葉の上を走ってるって感じ。
変にすべるし、枝が立ち上がって刺さらないかと心配で・・・・
途中倒木

f:id:GDMCER:20181103210323j:plain
その先を歩いて確認してみると更に倒木。
迂回出来ないかなぁ?手前に上っていく脇道があったので
進んでみると、良い具合に奥の倒木を越えた所に出た。

f:id:GDMCER:20181103210340j:plain

この林道途中で抜けれないし、周りは山々。
人の気配がなく、とても寂しい。
地形図を見ると点々のラインがあるのだが、
そこ抜けれたらなぁと思う。

f:id:GDMCER:20181104121405j:plain


暫く進むと、放置ブル。

f:id:GDMCER:20181103210457j:plain
前はバケット下がってたと思うんだけど、気のせい??
ここが何処か分かる人、前からバケット上がってましたかね?

写真撮って、いざ先へ進まん。

f:id:GDMCER:20181103210521j:plain
進まんかったよ。
ここを乗り越えるのは至難。あきらめて引き返すなり。


次の予定した林道へ行くのに舗装路を迂回してると数キロ南下
しなくてはならない。
あそこ、上がってみるか?

下りでは何回か通ったが、
上りは、鉄の樋?手前が掘れてて面倒なので、上らなかった所。
とあるブログだかで、鉄の樋が外されてあったと。
試しに上りで行ってみる事にした。

ここは07th山犬団でBAJAにて転び、アルミのハンドガードを
付けているにもかかわらずクラッチレバーが折れた所

f:id:GDMCER:20181103210549j:plain
この時分はまだ掘れ掘れではなかったので、上りだった。
気を付けて上らなければならぬ。

鉄の樋手前掘れは無いものの、ブロック手前掘れはあるわ、
雨水溝がありラインが限られ中々大変だった。
落ちなくて、溝に嵌らなくて、こけなくて、無事上れた。


この先に景色の良い所
写真でも撮ろうかなぁと思いつつ進むと
今日、初めてのオフラー。SEROW250氏に会釈して
林道見回りなので素通りしてダート終点まで。

途中で、CRF-L 2台と遭遇。
そのまますれ違えると思ってたので進むと上りの彼らが止まってくれた
本来は下りの自分が譲らなければいかんかったね。ごめんね。

その後、終点から引き返して来ると、
この手前の石のせいなのか、止まってしまい、足をつけそこね、
右へ倒してしまった。通算15回目。

f:id:GDMCER:20181104121431j:plain


ラヂエターは大丈夫だった。


ピストン林道の具合も見に行く。
ここは上り下りが楽しい林道。

この写真を撮った所で蜘蛛の巣をくぐろうと躊躇して、
止まってしまい、足をつけそこね、右へ倒してしまった。通算16回目。

3/18の時よりがれがれしてて、斜度あり発進が出来ず、
今度は左へ倒してしまった。通算17回目。
一度下って再トライ。
蜘蛛の巣は悪いけど木の枝で除去

エンジンかけようとしてもセル回らん。
メーターパネル見るとエラーコード"30"と出てる。
キーを一旦OFFにして再起動。"30"も消えエンジンはかかった。
エラーコード"30"は何??

*****************************************************************
20181105追記
エラーコード"30"は取説に書いてあったよ
メインスイッチONで車体転倒→エンジン停止 の状態に表示。
*****************************************************************

今日はいかんかったね。

 


今の一言(お寺の掲示板)
『お汁粉にも塩がはいってるぃー』

f:id:GDMCER:20181103211015j:plain

 『お汁粉にも塩がはいってぃるー』なのかも

© 2016 GDMCER